金銭感覚

| コメント(0)

金銭感覚はとても曖昧なものです。
500円の買い物をする時は、10円や1円単位の値段まで気にしても
1万円の買い物をする時には10円や1円単位の値段を気にする事は稀です。

50万や100万円の買い物をするとしたらどうでしょう?
1000円単位も気にならないのではないでしょうか?

食料品や日用品などの頻繁的に購入するものに関しては値段を気にしがちですが
めったに買わない物を購入した場合はあまり値段を気にしない事が多くなります。

つい衝動買いをしてしまった物は後からよくよく考えると
「高い」と感じた経験を持っている人は意外と多いと思いますよ。

興味のある物と興味の無い物が並んでいて、両方とも買うとします
両方とも同じ値段であれば、興味の物を高いと感じるでしょう。

必要と感じる物はそれだけのお金を払ってでも手に入れる価値があり
不必要な物には、働いて稼いだお金を使う価値がないと思うからです。

苦労して働いて稼いだお金と、
ギャンブルなどで簡単に手に入れたお金では重みが違うはずです。
あぶく銭は結局手元に残らず、無駄に使ってしまう場合の方が多いです。

お金の価値は曖昧で人それぞれ違う物なので、
本人が納得して価値の見いだせる物に使う事が大切です。

何かにお金を使う時は、働いた労力とその価値を比べてから使うべきです。

コメントする